感震ブレーカー

 東日本大震災や阪神・淡路大震災で発生した火災の6割以上が、電気に起因する火災と言われています。 災害時に避難所等へ避難している間、電気が復旧した際に発生する「通電火災」対策に有効な手段として、設定値以上の震度の地震発生時に自動的に電気の供給を遮断する「感震ブレーカー」があります。

感震ブレーカーとは、震度5以上の地震が来ると3分後にブレーカーが落ちる配電盤のことです。

当店では、感震ブレーカーの設置を承っております。

お気軽にご依頼ください。

※平成29年4月1日より東京都足立区では感震ブレーカーの設置工事の助成金がでます。
 対象地域・対象建物の方で
  一般世帯の方 最大5万円(税抜き設置費用の三分の二)
  特例世帯の方 最大8万円(税抜き設置費用の十分の十)
  助成金がでます。

詳しくは、足立区ホームページまで

 設置前

 設置後

★感震ブレーカーの設置 オススメする理由★

  • 震度5強で電気を自動OFF!
  • 地震による「電気火災対策」!
  • 大規模地震時における火災の多くは電気による火災です。ぜひ今対策を!